読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kazuhiko Akiyama Official Blog

「 仮想化ネットワーク構築のイノベーションサポーター 」 VMwareやXenAppを活用し、イノベーションをサポートします。新しい価値の創造や、コスト削減、事業継続を取り扱っています。

Windows8に再度開発環境を構築する。

しばらくAndroid開発から離れていましたが、作ってみたいアプリケーションができたので、新しいPCに環境を構築することにします。 本やネットの情報を元にやってみるのでうまくいくか。 頑張ってみよう。 今日の作業はEclipsの導入から。

1、http://mergedoc.sourceforge.jp/#pleiades.htmlから、取り合えず最新版をダウンロードします。   前のバージョンは3.7でしたが、今回は4.3に挑戦。   「Java 64bit Full Edition」をダウンロード。   ダウンロードした、「pleiades-e4.3-java-jre_20140321.zip」を解凍する。   解凍した「pleiades」フォルダー毎、C:\直下にフォルダーを移動する。

2、起動   C:\pleiades\eclipse\eclipse.exeをダブルクリックする。   最初すごく時間がかかり不安になりますが、ひたすら待ってワークススペースの設定画面が表示された使用するディレクトリを指定する。

3、ADTをインストール   「ヘルプ」⇒「新規ソフトウェアのインストール...」   「追加」ボタンをクリック   リポジトリーの追加画面で、「名前」には適当な名称を入力し、ロケーションには「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」と入力   開発ツールすべてを選択(今回5つありました)して、次へ   ここからデフォルトのまま、インストール(セキュリティー警告もOKとする)   再起動を求められたら、今すぐ再起動 4、SDKのインストール   http://developer.android.com/sdk/index.html からダウンロード   解凍   Android SDK Managerを起動して、SDK Platformなどをインストール

eclipseの設定は後日